買い物かごへ
PAGE TOP
  • 915(火)
  • 917(木)

上記期間におけるインターネットからのご注文、お問い合わせにつきましては受付のみ致しております。
お客様からのお問い合わせへのご回答、ならびに商品発送に関する業務を一時休止とさせていただきます。
9月14日 午前8:00 以降のご注文商品の発送、お問合せ等につきましては、9月18日以降に対応させて頂きます ※一部商品につきましては、在庫状況により商品の発送が休業日明けになる場合がございます。

ログイン
新規会員登録
商品を探す
商品カテゴリ

茶道具-sadougu-

初心者用から上級者用まで多数品揃え

抹茶-matcha-

無添加無着色、こだわりの宇治抹茶

スイーツ-sweets-

抹茶に合うおすすめのお菓子

備前焼-bizenyaki-

窯元や作家から直接仕入れました
備前焼メニュー
-ビアマグ・酒器
-茶器
-コーヒーカップ
-食器
-茶道具
-菓子器
-壷・置物
-花瓶・花入
-骨董品
-黒備前
-備前焼について
営業日カレンダー
2020年 09月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
今日
2020年 10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

人間国宝の作品

金重陶陽(1896-1967)
備前市伊部に生まれ、父 楳陽に師事する。陶技・織見ともに卓越した名士である。
桃山備前を再現し、今日の備前焼隆盛の礎を築いたことから備前焼中興の祖といわれる。
昭和31年に人間国宝となった。
藤原啓(1899-1983)
備前市穂浪に生まれる。三村梅景にろくろの手ほどきを受け、 昭和41年からは陶陽に焼成法などを学んだ。
おおらかな温かみのある作風で「啓備前」を確立した文人陶芸家である。
昭和45年に人間国宝となった。
山本陶秀(1906-1994)
備前市伊部に生まれる。伝統技法をふまえながら、ろくろ技術の最高峰を極めた。
茶陶作家の地位を確立し、気品あふれる作品を多数制作。
昭和62年に人間国宝となった。
藤原雄(1932-2001)
藤原啓の長男。父に師事し備前焼の世界へ入る。
単純、明快、豪放をモットーとして存在感のある作品を制作し、”壷の雄”といわれる。
平成8年に人間国宝となった。
伊勢崎淳(1936-)
伊勢崎陽山の次男。父に師事し陶技を磨く。
伝統技法を熟知し、花器、皿、茶陶などの伝統的なものから、 大陶壁制作などの新しい造形感覚を持つ。
平成16年に人間国宝となった。
随時更新!備前焼商品一覧はこちら
×