ほんぢ園
ほんぢ園
転送.com   カートに入れる
ホーム  |   茶道具トップ  |   ご利用ガイド  |   領収書  |   会員特典  |   会社概要  |   お問い合わせ
会員特典
マイページ
会員ログイン
メルマガ
ページ内商品検索

2018年 02月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    
今日
【店休日】
※発送・問合せは翌営業日となります。
※ご注文は受付可能です。
2018年 03月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
【店休日】
※発送・問合せは翌営業日となります。
※ご注文は受付可能です。
 

備前焼の歴史



5世紀ごろ渡来した朝鮮の新羅系の陶工たちによって作られた須恵器が備前焼のルーツです。


鎌倉〜室町時代に甕・壷・すり鉢などの生活雑貨が作られ、「備前のすり鉢投げても割れぬ」と言われるほど優れていました。


千利休が好みの茶陶を備前の陶工に作らせ、数々の名品が生まれました。
”緋襷”もこの頃でき上がりました。
古備前の草といわれる時代で、共同の大窯で焼かれたため、窯印をつけて窯元ごとの判別が始まりました。


磁器の台頭や明治・大正時代の洋風文化の流行などにより、長く低迷した時期がありました。


昭和31年、備前焼最初の人間国宝となった金重陶陽は、備前焼中興の祖と言われ、桃山回帰を唱えて、備前焼復活のきっかけをつくりました。
日本六古窯の一つとして備前焼が全国に親しまれ、評価されるようになりました。


金重陶陽以後、藤原啓、山本陶秀、藤原雄、伊勢崎淳と人間国宝への指定が続いています。
現在の作家数は400人を超え、それぞれが自分の窯を持って作陶活動に励んでいます。

備前焼豆知識

備前焼とは | 備前焼の歴史 | 備前焼の七不思議 | 備前焼のお取り扱いの注意 | 作家の紹介 | 窯元の紹介 | 人間国宝の作品 | 岡山県重要無形文化財・著名作家の作品